FC2ブログ

IMG_8812 - コピー
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

昨晩の中秋の名月きれいでした。

伊勢神宮の鳥居と一緒に見る
名月は格別だったとか・・・

明るく優しく照らす名月でした。

絵と光9回目は、
『金属、ガラス、磁器』です。

今まで、光の存在が物の
形を表すのにとても大切という内容を
繰り返ししてきました。

物の立体を表すには、
少なくとも3つの明るさが必要
など・・・

でも、忘れてください・・・

金属やガラスを表現するときには
金属なら金属
ガラスならガラス
というように分けて考えましょう!

ガラスの場合、透明なのか?
半透明なのか?不透明なのか?
によっても違ってきます。

写真のグラスは、透明ですが
ガラスは、液体が入っている・・
個体が入っている・・

というようにガラスの中に
入っているものによっても
ガラスの中のキラリ…が
特徴的なので

まず、観察してみることを
お勧めします。

そして、感じ取る・・

固い物で、手触りも同じよう
につるつるしているのに
ガラスより磁器の方が

見た目、柔らかさを感じます・・・

描きながら、実物をよく見たり
ガラスの描かれている本を
捜したり・・・

私も、もっといろいろなガラスを
描いてみたい・・

そして、写真に撮ってみると
すご~く勉強になります・・

磁器は、シャインの入れ方に
特徴があります。

白磁もステキですね~

私は、白磁に絵を描いて
700~800度で焼成して
食事やティータイムに使う
という楽しみも持っています。

自宅の焼成窯で焼きます。

食器棚から取り出すときも
お料理を盛り付けるときも、
洗うときも、棚にしまうときも
なぜか ウキウキという感じを
味わえます・・・(^-^)

特にお皿は、朝食の時に使います。

朝から・・・ウキウキ・・です。

今日も読んでいただきまして有難うございました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

IMG_0047 - コピー - コピー (2)
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

『案ずるより産むがやすし』
私がまだ学生だった頃、
ある教師の方が、繰り返し私たちに
言っていた諺。

受験を前にした私たちに、
先生からの励ましの言葉でした。
その頃は、気にも留めませんでしたが

その後今日まで、その言葉を、
思い出すことが何度かありました。

あれこれ考えて
どうしよう・・って
思うとき, 心に浮んできて・・

お会いしたことのない通信講座の
先生の声でしたが・・・

その先生の伝えたかったことが、
ゆっくり、ゆっくり
伝わってきたようです…

今朝ある方と話をしていたら
明日行われる予定のことで、
少し元気のないご様子。

ふと、また思い出されて
『きっと大丈夫・・』って言った後に、
その諺も一緒に・・

そしたら

その人の表情がパッと明るくなりました。

今、彼女に伝えたのは私だけど・・・

その言葉は、その先生の言葉で

私は伝え役の様な気がしました・・

他人からプレゼントされた言葉が、
何年も心の中で生き続け

そしてまた、別の人へ贈られていく・・

パッと明るくなった今朝の
ご婦人の笑顔が、まぶしいほどで、

私の方が、『ありがとう』という
気持ちになりました。

一度もお会いすることのなかった
先生でしたが

感謝・・・

今日も読んでいただきましてありがとうございました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

庭のしその花(昨日)
IMG_0528.jpg
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

今、あたり前のように、
花の写真を撮っていますが、
7,8年前までは、全然
上手く撮れなくて。

今が70点だったら以前は35点くらい・・・

旅先で人を撮るのはいい感じでも、
至近距離で、
小さな花に焦点を合わせてって
なかなかできなくて・・・

手振れしたり、外なので風が急にふいたり・・
わきをしっかり締めてっと、
心の中で言いながら・・・

何もない壁に1輪だけ咲いた花なら
ピントも合わせ易いのですが、

大抵は葉などが茂っていたり
フェンスが有ったりして
その1輪だけに焦点が合わせられなくて・・・

何度もチャレンジして
やっと撮れた写真を見直すと、
あ~もう少し右からの方が良かった・・
そしたら、花びらの形が綺麗だったとか、

もう少し上からの方が
花芯が見えてよかったのに・・
という具合にです

この頃ようやく
絵の見本や参考に使える写真が
撮れるようになってきました。

上手く撮りたいと思っていると、
色んなことに気が付くから・・か

たくさん経験したから・・?
『あ~これ使えない・・』って何度も思ったから・・・

写真はしその花ですが、
1つの花の大きさは、
直径1、5ミリくらいです。

こんなにも小さな花の写真を
撮れるようになれたなんて・・

嬉しい・・

先日シジミチョウは、上手く
ピントを合わせれませんでした。

余り近づくと人の気配で
飛んで行ってしまうかもしれなかったから・・

芝生の1本にとまっていて、
低い位置だったことも・・・

だから昨日のしその花は、嬉しい・・

今、出来ないことは、

これからできるようになっていくこと・・・

出来ないことがたくさんあることは、
楽しみがたくさんあること・・・

できない・・は、
新しい可能性へ導いてくれる・・

今日も読んでいただきまして有難うございました
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログはほぼ毎日更新しています。
最新の記事はこちらクリック!


絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

絵と光8回目『集合体』です。

1つ1つの物の形を立体的に
とらえて描くために光源との関係から
明るさ(明度)を変えて
表現することを5,6回目で
お話ししました。

絵の中に物を配置させるとき、
いつもその物単体としてではなく
いくつも集まった集合体として
描きたい場合もあります。

例えば、花束、花瓶に生けられた花々、
かごに盛られたフルーツなど・・・

1つ1つの花やつぼみ、葉が
上手く描けていることに加えて
花束として、立体的に見えることが
大切・・・

集合体を1つの立体として
とらえて明暗、影を観察します。

ブドウの房は、球体の集まりですが
いくつも実が集まった房自体が
1つの塊になっています。

房としての立体。
実単体としての立体。

ブドウの場合、巨砲などは、
色が濃く明暗を表現しにくい。

マスカットは、実が若干光を通すので
透明感も表現しなくては・・と
特殊ではありますが、

少しづつ慣れていけば描けるように
なります。

フルーツを買って帰って、
観察して、描いてみて、家族みんなで食べる・・・
私にとっても家族にとっても
嬉しい・・一石三鳥・・・・

今日も読んでいただきまして有難うございました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

庭の花
IMG_7862 - コピー
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

もしもあなたが、もう何年も
絵を描いたことがないなら

そして、少し興味はあるげど
絵の具や筆、道具をそろえないと・・・

と思っているなら、『道具の部分』は、
頭の中の小さな箱に入れて
”ふた”をしてみたら・・

描くという動作は、古代から人がしてきたこと

描いてみよう・・
という気持ちを忘れてしまったのは、

もっと他にやりたいことがあったから・・

描くことより、走る、話す、作る、・・
もっと自信の持てることが
たくさんあったんでしょう

素晴らしいことです

私は、絵が好きだった・・・
好きという気持ちがずっと続いて・・

絵は、ボールペンで
レストランのナプキンにも
お店でもらったレシートの裏にも
石でコンクリートの上にも

描くこと 出来ます

いつも使っているもの、
一日に何度も見る物

消しゴム、牛乳パック、ぺん・・
良く知っている身近な物を
描いてみると面白い・・・

自己流なんて言わせません!!

ボールペンや鉛筆で・・
もしも何年かぶりに
絵を描いたなら・・・紙の端に 

今日は、記念日(^-^)V

あなたの絵の記念日・・・

あなたが楽しいと感じたら・・・

私も嬉しい・・同じ場所にいるようで嬉しい・・

こんなにも、色彩豊かな私たちの世界。

街もお店も自然も、色がいっぱい・・

今日も最後まで読んでいただきまして有難うございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

IMG_0508.jpg
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

今朝、久しぶりにシジミチョウを見つけました。
庭で。

雨が降ってきたので、傘をさして
写真に撮ろうと、試みたのですが
お見せできませんでした。
ごめんなさい・・・

環境の変化・・というお話をしましたが、
シジミチョウを、この頃ほとんど
見かけません。

今日は、朝から嬉しかった・・

ところで、読書の秋ですが、
私は特に季節を気にせず自分スタイルで
本と付き合っています・・

本屋さんに行くのも好きです。
見ようと意識しなくても、
色々な本に出会えるから・・・

表紙の綺麗さに感心したり、
タイトルの面白さに笑ったり・・・

電子書籍も人気ですが、
書店が減りませんように・・・

私は、たいてい2冊の本を読んでいます。
とても読むのが遅いので、
それをなんとかしたい・・・(汗)

1冊は、朝、忙しい時間が過ぎた後に
ほっとしながら読む本。

キッチンで読むのですが、
いつも食事の時に座るのと違う
一番奥の庭が見える席に座るんです。

リラックスできるので何となく・・
いつも同じくらいの時刻に、同じ場所で・・

そしてこの時間は、以前読んだ本を
もう一度読み直す読書タイム

同じ本でも、その時の心のあり方で
感動したり、興味の湧く言葉が
微妙に変わったり、
以前気づかなかった文章を見つけたり・・

『あれっ、もっと後ろの章に
書いてあったと思ったけど・・・』なんてね。

もう一冊は、新しく読む本。
いつ?、というのは決めていません。

朝の読書タイムは、それほど長く取れませんが、

私の毎朝のリフレッシュになっています。

今日も読んでいただきまして有難うございました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


IMG_0487 - コピー
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

絵と光7回目タイトルは『影とのかかわりです。』

光と影は本当に仲良しです。

強い光をあてた時、弱い光をあてた時
左からか?右からか光源の方向、
方向が同じでも、
高い位置、低い位置からによって

異なる形を作ります。

絵の中で影は、色んな役割を果たすので
いつも、正確に影を描くとは限りません。

絵が素敵になるように影は、
目立つ光のわき役として存在させます。
名わき役になることも・・・

影は、その物自体の持つ黒という色が
光を表す白い、明るいというのと正反対の
暗いという特性を持つので、

絵を描くときの技量が問われます。

影を全く描かない絵もたくさんあります。

描かない方がいい時もあります

ただ、光を絵の中で強調したいとき、
影の存在を考慮すると効果的なので
知っておくと
とりあえず安心ですね・・

私は、光の強弱を変えられる
ライトを使っています。

そんなに高価ではありません。
色々と試してみるのに役立ちます。

昨日の愛知は、真夏並みの日差しでした。
3日前まで、我が家では、
あぶらぜみが鳴いていました。
私が記憶する中では、

9月のアブラゼミは初めてです。

8月後半に夏の終わりを告げる
ヒグラシが鳴いていましたが
9月になってアブラゼミ・・?

この頃クマゼミが多く、
アブラゼミが珍しいのは
温暖化のせいでしょうか?

私たちは、日々の生活が忙しすぎたり
エアコンのお陰で?・・
環境の変化などに疎くなりがちですが、

昆虫などは、影響を受けやすいのですね。

変化を、私たちに、
気づかせてくれている・・・

今日も読んでいただきましてありがとうございました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

236 - コピー (2)
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

清らか・・・

美しさを表現するにもいろいろありますが、
清らか・・このバラが教えてくれた美しさ。

つぼみや、開花し始めたばかりの花から感じる
初々しさというのではなく・・、

何も言わず、ただ、ただ、
そこで見ていたい・・
そんな 美しさ・・

我が家では、とても珍しいことなんです。

ああ・・きれいに咲いていると思って
よく見ると、
わずかに花びらに傷がついていたり、
一番外側の最初の花びらがちじれていたり・・・と

なかなかこんなにも美しく咲いてくれることは・・

そしてちょうど綺麗に咲いたその時に
私が見つけたこと…

3時間遅くてもきっと今の美しさには、
かなわなかったでしょう

たまたま、見つけたその時が、
夕方でもなく、

一番美しいその時だった・・

人と人との出会いも
そんなものかもしれません

偶然と思っているけれど、
正にそのタイミングで出会う人・・・

一度しか会ってないのに
その人の言葉に勇気づけられたり・・

偶然なんてありえないのかもしれません

優しい言葉、暖かい言葉、
認めてもらえた言葉・・・

全ての人に大切な言葉・・・

人と人をつなぐ・・・
・・言葉

今日も読んでいただきまして有難うございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

絵と光6回目タイトルは、
『物の形を明らかにするー2』昨日の続き。

物の形をつかむ・・・ということが
ただ漠然と見ていてもなかなか
つかみにくいものです。

凹凸をつかむにも、深いのか浅いのか・・・

人の目は、過去に見た経験、記憶、色が邪魔して
正確に見ていない、見れない、見ているつもり
になりがち・・

そんなあいまいな経験と記憶を
取り除いてはっきりとさせるのに

ライト、光をあててみると、

どこが暗く、明るく・・

その物の全体の面積の割合として
暗い部分と明るい部分を
とらえることができます。

手と脳を動かして、さらに認識を
深めるのに役立つのがデッサン

そして、明るい、暗い部分の形がどうか

画像として目に映るので”わかる”
ということに導いてくれます。

例えば、四角いクッションは
上から見ると四角ですが横から見ると
膨らみを表す曲線は、なだらかなので

ボールなどと比べて、
明るい部分の面積が広いです。

ボールは一番明るい部分の面積は
ボール全体の割合からすると小さいですが
暗い部分の面積は広いです。

球体の曲面はかなり急なカーブなので
光を当てた時に光源と反対側の
影になる部分が多くなるから・・・

光の位置を、右左、高い低いと変えて見ると
影だけでなく明るい部分の位置なども
移動することに気が付きます。

気にとめて色々と観察すると
次々と色んなことがページをめくるように
見えてくる・・・

私たちの周りには、面白い物、変な物、
美しい形、美しい色、
色々な物がたくさんあります。

宝さがしみたい・・

今日も楽しい日でありますように・・

最後まで読んでいただきまして有難うございます。

hidemikatsukura-2a - コピー
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

絵と光5回目のテーマは、
『物の形を明らかにする-1』

デッサンをじっくりしたことのある方と、
ない方では、物の”形”にたいする認識が
少し違うと思います。

物がそれらしく見えるためには・・
確かな立体として描かれていることが
求められます。

そうでない場合、
何かが変・・・らしくない
という感じになります。

では、立体としてこの世の中の
物を認識するには、
物の何を見たらいいのでしょうか?
どの部分に注目したらいいのでしょうか?

絵に興味のない方でも、
一度は目にしたことがあるのが
デッサンの絵。

鉛筆だけで 明暗だけで描かれた絵。

物が立体的に見えるためには
最低3つの明るさが必要と言われています。
明るい、中くらい、暗い部分が
描かれていること。

もちろん詳細に描くには、
もっと何段階もの明るさで
表現することが求められます。

どの部分に、どの明るさを描けば、
物がそれらしく見えるのか?
どこに・・・どれくらいの明るさを・・

光とのかかわりでどのようにも変えられる・・・

そうです!
光の存在を意識しないと決められない・・???

長くなりそうなので
続きはまた、明日。

今日は、身近な物をよく見てみる・・
例えば、布、ジャガイモ、グラス、白磁のカップ
しずく、葉、花びら、セロリ、クッション・・・

きっと何かに気が付くはずです・・
今まで見ているようで、見ていなかった・・

それは、ちょっとした発見ですが
この世の美しさに気づく・・一歩に

よく見る・・ 新しい何かがあなたの中で
目覚めるかも・・・

今日も読んでいただきまして有難うございました。