IMG_8172.jpg

静岡県三島にて、
新海誠展。

15年間の
貴重な資料。

非常に詳細にわたる指摘に
ここまでこだわって作成されたものだったのだと
とても感銘を受けました。

新海さんの想いが
それぞれのパネルの横に記されていて
私は一言一言を読みながら
気が付けば3時間も経過していました。

一人は地上、一人は宇宙。

携帯のメールが届くまで
8年数か月・・・

そんな・・切ない・・・言葉に、

涙。

気になっていた
『言の葉の庭』

自宅に帰って観ました。

新海誠展、見応えあります。

巡回もされるそうです。
東京は国立新美術館で。

三島は大岡信ことば館。

ドライブしながら
帰りは花火にも遭遇して
何と嬉しい

是非皆様ご覧になってくださいませ
新海誠展。

ランキングに参加しています。
いつも応援いただき有難うございます。
下の絵をクリックしていただきますと応援ポイントにつながります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

IMG_8159-1jpg.jpg
我が家は 皆

釣り大好き。

このしろの酢〆。

IMG_8155-1.jpg

きす、小あじ、タイ・・・

IMG_8160-1jpg.jpg

男性諸君が
釣った魚を自分でさばき

女性陣が調理する。

美味しくって

ほおばりながら

皆んな、幸せ・・・・。


ランキングに参加しています。
いつも応援いただき有難うございます。
下の絵をクリックしていただきますと応援ポイントにつながります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

IMG_7548 - コピー
スポンジを使えば、
すぐに簡単に面に色塗りができます。
しかも、その面が水平でなくても球面でも
特に技術がなくても・・

筆で塗ると筆跡が残っていやだわ・・・
なんていう方には向いています。

長さ30センチ 幅14センチほどのウッド。
Aと記載されている白い紙をのせた部分以外
つまり周囲を何かの色で塗りたいとき。

IMG_7555 - コピー
置いた紙がずれないよう
紙の裏にはマスキングテープを丸めて
張り付けます。
両面テープを使って貼っても固定はできますが
両面テープですとはがすとき
絵を描く面にダメージをかけそうなので
私はマスキングテープを使います。

しっかり固定できたら
紙パレットに絵具を出します。
パレットに出した絵具にトントンと
スポンジに絵具をたたくようにして含ませます。
余分な絵具が付いていると軽いタッチにならないので
実際の本番前には新聞紙でトントンして
余分な絵具を取り除きます。
その後色々な絵の具を上からスポンジングして深みを出すこともできます。
IMG_7549 - コピー

IMG_7550 - コピー
同じようにもう一つやってみましょう。
こちらは材質は缶(ティン)です。
また、曲面です。20㎝×28センチ厚み4センチほどのティン。

IMG_2361 - コピー
このマスキングテープの間隔が重要。
輪郭に沿ってある程度間隔が狭い方が
はみ出しません。
はみ出しによる修正は
時短に反し意外と時間がかかりますから、
このマスキングテープ貼りを
きちんとしましょう。

ポイントはここです!
マスキングテープをきちんと間隔を狭く、
輪郭に沿って貼る。
テープを貼った面を下にして素材の上にのせます。

のせたら軽く輪郭に沿って押さえましょう。
押さえることにより
テープと素材、テープと紙の接着面が広くなり
よりしっかりと紙を素材に固定できます。
素材と紙の隙間がなくなるように
ゆっくり輪郭を押さえましょう。

するとスポンジの絵具が紙の内側に
漏れることを防げます。
IMG_2362 - コピー

IMG_2364-1.jpg

IMG_2369 - コピー

紙をはがすと・・・

IMG_2373 - コピー

一つの作品にかけた時間は
テープを紙の裏に貼ったところから
葯15分ほどで色塗りまで完成できます。

ホントに時短でしょ!
でも仕上がりは綺麗ですよ・・・

紙をはがしても、はみ出しているところも特にありません。
2つ目のポイントはここ。
絵具を一度に沢山付け過ぎないことです。

パレットの上で絵具をスポンジに含ませながら
余分な絵具もトントンして落とし
その後新聞紙の上で少しトントンする
綺麗なスポンジングができます。
(新聞紙は吸水性がよいので
余分な絵具と水分を吸い取ってくれます)

筆で塗るよりも、輪郭線もきれいです。

スポンジングした面に文字や模様を筆で描きたい場合は
スポンジによる突起ができないよう
あまり何度もスポンジングしないことをお勧めします。
又は絵具を僅かな水で薄めて行うというのもよいかもしれません。。

役に立ちましたか?
あなたの絵を描きたい、もっと上手くなりたいを応援しています。

2257-1.jpg

フリージアはアヤメ科の花。
春に咲くよく似た植物と言えばスイセン。

でも、スイセンはヒガンバナ科なんですよね。

花の咲く部分を見てみると違いが分かりますよ。
ヒガンバナ科の植物、
水仙やアマリリスは
1本の花茎の先が
数本から7.8本に分かれて
蕾をそれぞれに一個づつ付けます。

kkiキャプチャ

IMG_7048 - コピー

アヤメ科の植物を見てみましょう。
フリージアやジャーマンアイリス、
一本の花茎から伸びた花軸の左右に
交互につぼみが付いて。


aaniキャプチャ

IMG_3091-1.jpg


ただジャーマンアイリスとフリージアは
同じアヤメ科でも花の咲く順序が違います。
ジャーマンアイリスは
天辺(先から)花が咲きますが
フリージアは地面に近い方から咲きます。
フリージアは先が一番最後に咲きます。

aaayキャプチャ

IMG_0154-1.jpg

IMG_3089-1.jpg

IMG_2949 - コピー

個性的な植物たち。

こんなところでも個性を発揮しているんですね。

今週はシアージュボタニカルのレッスン日。
暑さ厳しき折ですが頑張りましょう!
皆様にとって学び多き日となりますよう
色々と準備していきます。

そして何より楽しい一日となりますように。






IMG_8043-1.jpg
日本3大七夕祭りとは

仙台市(宮城県)

平塚市(神奈川県)

そして毎年8月第一金~日曜に行われる

の愛知の安城七夕まつり。

(愛知の一宮の七夕祭りという説も
有るそうですが)


久しく行ってないのですが
今日は家族が行くということで
昨日から準備に大賑わいです。

浴衣やら下駄やら・・・
色々揃えて

祭り帰りの
友達と一緒の中学生や高校生や
家族連れを見ると

なぜか心がほっこりします。

ほのぼのとしていて好き。

暑い夏に一休みできたように感じる
真夏の風物詩です。

私も久しぶりに浴衣を着てみようかしら・・
今年の夏は暑すぎます・・・

気分だけでも涼しく。




aakkキャプチャ
今、一番行きたいのは、

大エルミタージュ美術館展 

ロマノフ王朝、黄金期のコレクション。

エルミタージュとはフランス語で「隠れ家」
という意味だそうです。

珠玉のコレクション

エルミタージュ美術館展の決定版と。

9月18日まで愛知県美術館にて開催。

是非お近くの方はご覧になってくださいね。

私も時間をみつけていこうと思っています。

IMG_7329 - コピー

5月から始まった第4期生から
絵を描く技術と色の勉強を
同時進行で学べる内容になりました。

色の知識は、
自分で考える力を養います。

思えば随分前になりますが
私が油絵を習い始めた初めての日
先生の最初の言葉は
『アナロガス』。

私は絵を描きに来たんだけれど・・・あれ~?

まず始めに理論ありきという先生だったんですね。

けれど、偶然の出合で習うことになった色彩学に
今とても重宝しています。
というより感謝しています。

『未知のことを学んで知る』は、
新しい扉と同じ。

自分で開なければ見えてこないのですが
そこには新しい景色が・・・、
風が吹くような
ここち良い刺激。

それで、インストラクションの混色部分を
書き換えています。

そのついでにインストラクション全体を見直し
以前より更に使い易いものになりますよう
手直しを加えています。

『あの時、こんな質問があったわ』
『ここはこういう記載方法の方がわかり易いかも・・』

そんなことを思いながらコツコツと
進めています。

暑い夏を、どうか皆様
ご自愛ください。

私も頑張ります!

IMG_3728 - コピー
他の大抵の植物にはあって
アネモネにはないもの・・?

IMG_3711 - コピー

花弁だそうです。

花弁のようなものが
萼片だった例はこれまでも
取り上げてきました。

アジサイやチューリップ
ユリ・・・

花弁が小さくて目立たなかったり

花弁はあるけれど、
萼片が花弁と区別がつかないほど
似ているいうものでした。


けれど花弁がない
というのは初めて。


花弁に見える物は
勿論萼片だと想像できるのですが
なぜ、花弁がないのか・・・
ちょっと気になりました。

そもそも、花弁って何のためにあるの?

・・・その植物にとって子孫繁栄のため。

暑くても、寒くても、嵐でも・・・
兎に角、命を繋ぐために
植物は全力で生きていると言えます。


今年は疲れてるから さぼろ~
等と悠長なことを言っていたら
絶滅してしまいますから。

それくらい植物の置かれている環境は
厳しいと思います。

そしてそれくらい粘り強いから
弱くても、細くても、華奢でも
生き延びられたのだと思います。

021 - コピー

ところでアネモネの八重咲きの花。

話を戻しますが
八重になっている部分も萼片でしょうか?

八重になっているもののほとんどは
雄しべやめしべの弁化によって
花弁のように見えるのだそうです。

一見花弁に見えるものでも
一方は萼片、また他方はおしべ。

身近な植物でさえ、
不思議に思える点がとても多いです。

8月のレッスンで
個性溢れるアネモネについて
詳しくお話ししますね~。

楽しみにしていてください。



IMG_7907 - コピー
気になったので
押し葉標本にした葉を採取した木の所へ行ってきました。
標本の葉が特別だったわけでなく
丸い小さい葉は穴が沢山。
これは裏から。

光に透かして見ると
気孔のよう。

IMG_7907-1

気孔は葉の裏側の方が表側より多い植物、
表の方が多い植物
表も裏も同じくらいある植物と
色々ですが・・・

IMG_7906-1.jpg
サイズは中・・・
IMG_7903-1
小サイズ。

IMG_7904-3.jpg
これは中の大きさ
葉の葉脈の細かさから中とわかりまね。

IMG_7905-1
これは大サイズ。
穴は見当たりません。
IMG_7905-2.jpg

しかし、こうやって葉の大きさと葉脈の変化を見てみますと
根のように葉脈も成長と共に枝分かれしていくことが分かります。

観察することは
楽しい。

絵を描くことで
発見があり気づきを得られることは
私にとっては嬉しい副産物です。

IMG_7897-1.jpg
5月ごろに採取した同じ木の
大小さまざまな柿の若葉を
押し葉標本にしてみました。

すっかりそのことを忘れていたのですが
こうして並べてみると
今まで見過ごしていた
特徴に気づきます。

葉の形は言うまでもありませんが・・・

IMG_7898-1.jpg
葉身3センチほどの一番小さい葉。
ところで気になるのは
この小さな葉の
主脈の周りの小さな穴。

IMG_7899-1.jpg
葉が少し大きくなると
穴の数は5分の1ほどに減りますが
同じ主脈の周りにまだ確認できます。

IMG_7901-1.jpg

大きな葉にはありません。

小さな葉が成長すると
無くなるのか、
葉を枝から採取した後では
もはや経過観察することもできませんが・・・。

虫食いや病気の葉という感じでもなさそうです。

来年は枝を切らず葉に印をつけて
その葉の小さな穴が
どうなっていくのか
暫く確かめてみようかしら。

柿の葉は紅葉してくると
非常にわかり易いのですが
若葉のころは
どこもかしこも新緑で
葉をじっくり見てみようなんて思いませんから
つい見過ごしてしまいます。

柿の葉は咳によく効くそうです。